Concept

You are what you eat.
The world is what we do.

私たちの心と体は、毎日の食事や暮らし方の積み重ねでできています。
そして、私たちの社会は、ひとりひとりの行動の積み重ねでできています。

ただ、忙しい日常の中で、大切な自分の心身や食事、そしてそれを支えている自然や地球環境のことを、深く考えられなくなってしまうこともあります。

土を耕し、種を蒔き、育ててくれる農家さん。
誰もが寝ている時間に海へ向かう漁師さん。
家族のように愛情を注ぎ、育てている畜産家さん。
彼らのおかげで、私たちはただお金を払うだけでご飯が食べられます。

でも、その生産者が美味しくて健康的な食を育むことができるのは、豊かな自然があってこそ。

いま、環境問題や異常気象など、私たちの住む地球環境はかつてないほどに揺らいでいます。

何を食べるか?

どこから、誰から買うか?

私たちひとりひとりの行動によって、市場はつくられていきます。

市場価格を保つために大量に廃棄される食品があり、流行が終わり倉庫に眠っている雑貨や服があります。それでもまた、次々と新しいものが作られています。

食をおろそかにするといつか身体をこわしてしまうように、生活をおろそかにすることが積み重なるといつか地球をこわしてしまう。そしてそれは、最終的に私たちの食の豊かさを失うことになってしまうのです。

たった1人では非力でも、10人、また10人と広がれば大きな変化になる。
背伸びしないで、続けていくことが大切だと考えます。

来年も、100年後も、美味しくて安心できる食卓があってほしい。TSUMUGIでは、そのシンプルな理由から、日常に少しの良い変化を起こす種を蒔いていきます。そして、無理のない暮らし方を実験する仲間との輪を広げていきたいと思っています。

自分の豊かさと、自然の豊かさは、食卓を通して繋がっている。そう信じて。

目に見えないとても大切な一本一本を
未来へと撚り合わせて紡いでゆく
暮らしの研究所。

「つむぐ」 という言葉の語源は、蚕が時間をかけて創り出す繊維を撚(よ)り合わせ、丈夫な1本の糸にすること。人々は、その糸を丁寧に織り、シルクを作りました。気持ちを込めて織られたシルクは丈夫で美しく、世代を渡って受け継がれています。

「つむぐ」という行為は、シルク作りに限らず、さまざまな要素を織り交ぜながら、それぞれの想いを大切にし、新たに物語を作っていくことだと考えます。

私たちは、昔から伝わる自然の恵みを生かした暮らしの知恵を、今の時代に取り入れる方法を探求し、未来につむいでいきたいという思いを込めてTSUMUGIという名前にしました。